PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

地域:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【ベトナム】ベトナム医療の歴史を学べ FITOミュージアム

地域:ベトナム
ジャンル:博物館歴史

ベトナム版くすりの博物館・FITOミュージアムへ行って参りました。

P1080533のコピー
FITOミュージアムはベトナム初の医療に関する博物館で、まさに岐阜の「内藤記念くすり博物館」のベトナム版。

中に入ると、まるで文化財のような美しい内観で惚れ惚れ。

P1080531.jpg



英語での解説ツアーがあると聞いていたのだが、すぐ「こいつら英語出来ないな・・・!」と思われたらしく解説板(だが英語)を持たされて自由観覧を許された。



まず最上階へ上り、これまた伝統的な美しい建物へ入るとなぜか突然のリンガ。

P1080471.jpg

なぜここでリンガが展示されているのかよく判らなかった。男根が歓迎してくれているのかな。



下の階へ降りていきながら、紀元前から始まるというベトナムにおける医療の歴史を観ていく。



P1080474.jpg

ここにもくすり博物館でもメインキャラクターを務めている医療の妖獣・白澤ちゃんがいました。



P1080475.jpg

世界で初めて全身麻酔を用いた手術に成功した日本の華岡青洲がSEISHU HARAOKAとして紹介されておりました(^^;)
妻と母親を全身麻酔の実験台にし、その副作用で妻が失明したというエピソードが有名ですね。



P1080478.jpg

経絡人形でもお馴染みの、鍼灸師が使用するツボの位置を示した経絡図。


P1080483.jpg

東洋医学の絵ってホントゆるくて好きだわ~。




P1080507.jpg

どことなく沖縄の骨壺を思い出させるデザインのこれらの可愛い壺は、薬用のハーブをアルコールと共に浸けていたものらしい。
19世紀から20世紀初頭に作られ、土中に埋められて使われていたそうだ。




P1080486.jpg

コスプレしてベトナムの薬屋さんごっこなんかも楽しめる。



P1080500.jpg

これまたくすり博物館を彷彿とさせる瓶詰め漢方の陳列棚。それにしてもベトナムの伝統的な建築は美しいのう。
実は家の家具に中国アンティークの薬箪笥を使うくらいこういった意匠が好きなので、たまりません。




P1080510.jpg

とても可愛い薬研。
ハーブを中心とした医療を行ってきたベトナムでは、紀元前からハーブをすりつぶす為に薬研を使用してきたそうだ。




P1080527.jpg

治療の様子を描いていると思われる絵も実にゆるくてイイ感じ。
右上の黒こげのネコみたいなのは何だ??



P1080528.jpg

一体何の治療をしているのか全く以て不明な絵。なんか足にスリスリしているようにしか見えない。
というかこんな気持ち悪いヤツに治療されたくないんだが・・・。



最後にベトナムの薬の歴史に関する映像を観て(しかし英語なので意味不明)、キノコ茶を一杯頂いておしまい。ショウガ茶と風邪の時に塗るというよくわからん薬を買って帰った。

薬好き(語弊しかない)としては非常に楽しめた博物館でした。英語わからなくても無問題ですぞ!




(2014年4月)



[FITOミュージアム]
珍度:60%
オススメ度:80%

公式サイト(英語)

住所:41 Hoang Du Khuong, Ho Chi Minh City Q10, Vietnam
時間:8:30-17:30


スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
・FaceBookでシェア

| ベトナム | 22:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

山形の湯殿さんの記事にコメントしたものです。
口外するのを禁じているのにも関わらす、ネットで広める日本の常識知らず。
コメントを商人もせず、だんまり。


日本人としての恥も知らない。
育ちを疑う。
日本人なのかはわからないが、ご自身が日本の文化を汚す自分の生き方をどう思うかは自由だが、日本人としてかなしく思う。

| ちょこ | 2014/06/23 01:38 | URL |

ちょこ様

申し訳ありませんが、過去のコメントはタメ口だった上に文章に誤字もあり理解不可能だった為、迷惑コメントなのかと思いすぐに削除してしまいました。
ただしFC2からのコメント通知にその内容の履歴が残っていたため、ただいま再確認し、適宜対応いたしました。

記述の誤り、失礼いたしました。また、ご指摘ありがとうございました。



> 山形の湯殿さんの記事にコメントしたものです。
> 口外するのを禁じているのにも関わらす、ネットで広める日本の常識知らず。
> コメントを商人もせず、だんまり。
>
>
> 日本人としての恥も知らない。
> 育ちを疑う。
> 日本人なのかはわからないが、ご自身が日本の文化を汚す自分の生き方をどう思うかは自由だが、日本人としてかなしく思う。

| 深沢かまきり | 2014/06/24 01:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mummymummy.blog.fc2.com/tb.php/86-a8e5d292

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。