PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

地域:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【東京】胡散臭さがたまらない 山口敏太郎の妖怪博物館

地域:東京
ジャンル:博物館妖怪&UMAミイラ&即身仏&骸骨

去年オープンしたばかりの新名所・山口敏太郎の妖怪博物館へ行ってきたよ!

DSC_0651.jpg
テレビでもお馴染みのオカルト研究家・山口敏太郎さんが主催する妖怪博物館が、普段殆ど足を運ぶことのない非リア充敬遠の地・お台場にできたということで迷わず行って参りました。


デックストーキョービーチという子ども連れと若いカップルばかりのショッピングモール内で、スタッフのお姉さんが「河童のミイラありますよ~~」という決してお台場という地には似つかわしくない文言で客寄せをしていた。
多分それで入ってくれるお客さんは殆どいないと思うよ・・・と思いつつ、私は入館。


博物館自体はかなり小さいんだけど、そこに所狭しとオカルトグッズが並んでいる。

目玉はチュパカブラの剥製であるらしく、これは写真撮影オッケー。


DSC_0644.jpg

チュパカブラとは南米地方を中心に目撃例のあるUMAで、家畜や人間を襲ってその血液を吸い取るとされているらしい。

山口敏太郎氏はこのチュパカブラの剥製はコヨーテを加工して作られたものではないかと考えているそうだ。確かに、これ全然チュパカブラっぽくないよな~~。



もうひとつ写真撮影オッケーだったのがこのジャッカロープの剥製。

DSC_0639.jpg

ジャッカロープとは見たとおり角が生えたウサギのUMAで、悪事も働かないしとても可愛い。



また、ここにはわたしの大好きなジェニーちゃんことジェニー・ハニバーも展示されていました!(ジェニーちゃんについてはこちらの記事をご参照あれ)

DSC_0646.jpg


スタッフの方のご厚意で、これだけ撮影の許可が降りたのです。ありがとうございましたm(_ _)m

よく見てください、このジェニーちゃんなんだかとてもふっくらしていると思いませんか?
一般的なジェニーちゃんはガンギエイというエイの一種で作られるんだけど、このジェニーちゃんはサカタザメという別のエイの仲間で作られているらしい。そしてそのお腹の中に何故か詰め物がされているらしく、一般的なジェニーちゃんよりふっくらしているのだ。
翼も小さめで珍しいタイプですね^^これはこれで可愛い。



他にも河童のミイラや怪獣土偶(超ウソっぽくて可愛い)や妖怪画の古文書など、古今東西に渡る様々なオカルトグッズが展示されていて、楽しくないわけがないのである。




そのたくさんのオカルトグッズの中でわたしが今回ダントツで気になってしまったのがコチラ。


IMG_0112.jpg


平安時代の呪詛人形である。

ジェニーちゃんの撮影許可が下りたので調子に乗ってこちらも撮影できないか伺ったところ、呪いの品はさすがに撮影禁止とのこと。ということでパンフレットの写真を加工して掲載。



さて、この平安時代の呪詛人形という触れ込みのこちらの品ですが、わたくしこれを見た瞬間目を疑いました。

なんでも京都にある平安時代の某遺跡の空井戸から発掘されたというのだが・・・



649ca0f3f9bb043323a55569139bcaa5.jpg

↑コレ、そっくりじゃありませんか??


こちらは平安時代の呪詛人形・・・ではなく、実はタイの魔よけのようなもの。



以前紹介したワットプートウドンにあったこの

DSC_0129.jpg

「美女のなる木」になっているこの美女なのである。


これは「ワクワクの木」といい、この美女達は果実が生るようにこの木に生り、熟すと「ワクワク」と叫びながら落ちるのだという。なんと気が抜ける叫び声だろうか。


そしてマカリーポンと呼ばれるこの美女達の姿を造形したものが、魔よけとして市場で売られているようなのである。Makaliponや別名のNareepolで検索すると類似の写真をたくさん見ることが出来ます。

nareepol tree fruit


頭に果物のへたのようなものがついているのは、まさにこれが木になっていたものだからだ。



ではもう一度博物館にあった平安時代の呪詛人形の写真を見てみよう。

IMG_011.jpg


どう見てもへた、付いてます!!


これは黙っておられんとスタッフの方に色々伺ったところ、このへたのようなものについては藁人形でいうところの五寸釘的な存在なのだということだった。つまり頭を狙って打ち込んだものであるということだ。
外国の呪いの仮面などで頭に棒が刺さった類似の例が見つかっているということだったが・・・それだけでこれを平安時代の呪いの人形とするのはいかがなものか???

う~~ん、これ、マカリーポンじゃないの?


とはいえ有名オカルト研究家の山口敏太郎氏がそんな間違いするかしら?とも思いますよね。これは何としてもいつか実際にタイでマカリーポンを入手し、妖怪博物館まで持って行って検証するしかなさそうだな。


ちなみに、平安時代の呪詛人形を検索したら出所のしっかりしている呪詛人形情報も出てきたのでご参照あれ。


とにもかくにも、超ウソっぽいものから超うさんくさいものまで(笑)、盛り沢山で想像以上に楽しめました!
スタッフの方もとても丁寧に解説してくれて、しつこく呪詛人形のことを訊いてくる客にも親切に接してくれました。お客さんが殆ど入ってなくてちょっと心配だったので、皆さん是非お台場へ行きましょう!



(2014年5月)



【追記】
先日なんと山口敏太郎さん御本人から直々にメッセージをいただき(!)、この呪詛人形はやはりマカリーポンであるとの旨・以後解説文などを訂正する旨をお伝えいただきました。
山口さんからメッセージが来るなんて想像もしていなかったので超ビックリ!
しかしわざわざ連絡をしてくれるなんて、なんていい人なんだ・・・!有名人なのになんという気さくさ。更にファンになりました!




[山口敏太郎の妖怪博物館]
珍度:80%
オススメ度:80%

公式サイト

開館時間:11:00-21:00
住所:〒135-0091東京都港区台場1-6-1 DECKS TOKYO BEACH シーサイドモール 4F
定休日:なし



スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
・FaceBookでシェア

| 東京 | 02:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

深沢さんこんにちは!

自分は山口敏太郎氏はオカルト研究家の中でかなり信頼度の高い方だと認識させていただいております。

でも先日のBsスカパーのバズーカという番組の中で山口氏が河童はいないと言っておりましたので自分はかなりショックを受けました…(;_;)

きっと山口氏はとても楽しい牛久河童祭には一生参加させてもらえないでしょう。
あ~ぁ人生損してますね(*_*)


とは言うもののやはり自分は河童のミイラが気になるのでお台場に行くことがあれば妖怪博物館に行ってみたいと思います!
今回も貴重な情報ありがとうございました(^o^)


あ、ちなみに自分の夢はいつか河童と仲良くなって一緒にかっぱ寿司にかっぱ巻きを食べに行くことです!!

どうでもいいですねf(^^;

それでは失礼しますm(__)m

| ひさっぴ | 2014/06/03 05:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mummymummy.blog.fc2.com/tb.php/85-ce3cd9d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。