PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

地域:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【福岡】地獄のクオリティが高すぎて・・・冬・・・ 成田山久留米分院

地域:福岡
ジャンル:神社仏閣地獄

地獄があると聞いて、成田山久留米分院を訪問いたしました。

P1080149.jpg

遠くからでもその異質さが溢れかえっている。


この見るからに日本らしからぬデザインの左の建築物は、「インド村・平和大仏塔極楽殿」。
「2500年の時を越えて仏教の聖地インドより成田山久留米分院に降臨された」ものらしい。

時空を超えたとか降臨したとかよくわかんないんすけど、とりあえずインドのブッダガヤの塔と同型のものだそう。

内部にはシロウト感漂うなんとも素敵な絵が飾ってあったのだが、残念ながら写真撮影禁止。



さて、外には南蔵院に続きここにも個性的な面々が多数。


201203 041

アンニュイな彼や



P1080160.jpg

絶賛タコ踊り中の彼



201203 042

雨水を飲もうとする彼や



P1080158.jpg

てへぺろ☆な萌え系の彼(その後ろには反省中の彼)などなど・・・


実際には何を表したかったのかよくわからん五百羅漢たちである。





お次は大観音へ。

大観音のふもとに「野見権現→」という看板が見えたので、「野見権現ってなんぞ?」と思い観音の裏手へ回ってみたところ、



201203 034


うわっ・・・





P1080152.jpg

なんだこれ


でかい顔の野見おっさんが監禁されてました。
思わず「こっち見んな」と言いたくなる目線である。

ちなみに野見権現は相撲の祖といわれる野見宿禰を祀ったもので、こんなんだけどれっきとしたスポーツの神として信仰されている。



そのあと大観音の中を上ってみたんだけど、ただただ階段が続いていてクソ疲れただけで特に何もなかったので写真も撮らなかった。




長い回廊を通ってメインの地獄へ向かう。

回廊にもサイコーに面白い中国風の絵が描かれていたのだが、ここも撮影禁止。ブロガー泣かせの珍スポットである。



地獄の入り口がこちら。

201203 055


先日訪れたタイの地獄の余韻を引きずりつつ入ったのだが、そこはMADE IN JAPAN、予想外にクオリティ高い全自動地獄が我々を出迎えてくれて、ちょっと期待していたのと違う感が否めなかったのであった・・・。

展示してある地獄ジオラマは明らかにお金がかかっている作り&超~~リアルで怖い!!うめき声や叫び声までホンモノっぽくて、嫌~~な気持ちになる感じ。まあ地獄なんだからそれで正解なんだけど・・・。

わたしにはタイの地獄程度の作りが丁度良いかな。


結果的にメインとして訪れた地獄より、野見権現や五百羅漢のほうがわたし好みでございました。チャンチャン。




(2014年2月)




[成田山久留米分院]
珍度:70%
オススメ度:70%

公式HP

住所:福岡県久留米市上津町1386-22
拝観時間:9:00-17:00
拝観料:500円
駐車場あり




スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
・FaceBookでシェア

| 福岡 | 22:43 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。

深沢さんはじめまして。
ひさっぴと申します。

最近、久高島に興味があって検索していたら深沢さんのブログにたどり着きました(^o^)
久高島では脱水症状ぎりぎりで危なかったですね。

申し遅れましたが自分は茨城出身の今は福岡にすんでいる者です。

なので成田山久留米分院は何度か行った事があります。
観音様と地獄展はなかなかの迫力ですよね!
久留米成田山は自分の福岡のお気に入りスポットの一つなんです(^o^)


それと以前に猪目洞窟にも行かれてるんですね!
自分も二回行った事があるのでなんとなく嬉しかったです(^o^)

ところで深沢さんのお写真で黄泉の国の入り口の奥までは行なかったみたいですけど…大正解だと思いました。
ブログを読んでいて本当に安心しました!!

実は自分も勇気を出して奥に行こうとしましたが近くでたむろしていた地元のおじさん達にそれ以上は絶対に行かないほうがいいと止められました。

悪い予感がしてドキドキしながら理由を聞きましたらなんと…地元の漁師さん達が奥の方でトイレがわりによくウ〇コをしているみたいです(>_<)

まさに…穢れだと思いました!

お互い本当に危ないところでしたね(((・・;)


ということでこれからも珍スポット巡り頑張って下さい\(^o^)/

応援しています!

| ひさっぴ | 2014/04/20 04:43 | URL |

楽しいレポートですね

こんな可愛い人があれ的なレポートをたくさん書くなんて、びっくりです。
面白かったです。

東北には、こういうのを祀る習慣があって、片田舎の道沿いにたたずんでいたりします
八幡平の温泉で入ると行きなり、祭壇があり、ぎょっとしました
鳥海山近くの温泉のあるサービスエリアでも普通に祀られていて子供達が歩いています。
そういうものだと風景に馴染んでいると、じっと見てしまう自分が恥ずかしくなります。

| kmiya | 2014/04/21 18:36 | URL | ≫ EDIT

ひさっぴ様

はじめまして、ご訪問ありがとうございます^^

今年はイザイホーの年ですから、久高島人気もにわかに高まっているようですね。
行かれる際は本当に水分補給に気をつけてくださいませ。

そして猪目洞窟に二度も行かれているなんて珍しいですね!
その地元のおじさん達の話が衝撃的すぎて・・・!!そんなオソロシイ洞窟だったなんて知らなかったのでビックリです!
いや~イザナミも仰天の穢れですね。ホントの黄泉の国は思っていたより怖い所だったようです・・・。

とってもレアな面白い話を聞かせていただき、ありがとうございました!
更新の遅いブログですが、ぜひまたいらしてくださいね。茨城や福岡のオススメ珍スポット情報もございましたら是非よろしくお願いいたします^O^!


| 深沢かまきり | 2014/04/22 23:23 | URL |

kmiya様

ご訪問ありがとうございます^^
お褒めいただきありがとうございます!あれ的なレポートばかりですみません(笑)

「こういうのを祀る」というのは羅漢像ですか?野見おっさんですか?それとも男根ですか?(笑)
いずれにせよサービスエリアに祀ってあるというのは面白いですね。東北へ行く際にはぜひそこのサービスエリアで休憩したいです^o^

| 深沢かまきり | 2014/04/23 01:10 | URL |

コメント返しありがとうです(^^)/

今年はイザイホーの年だったんですね!
自分は今年中に沖縄に行く予定なので久高島にもぜひ寄ってみたいと思います。
情報ありがとうございます(^o^)

あと自分がなぜ二回も猪目洞窟に行ったのかの話をぜひ聞いて下さい(^_^)/

実は二年前の一回目の時にウ〇コの話は聞いたのですが…。
その日は猪目洞窟のショボさにガッカリしながら福岡方面に移動していました…。
そしたら途中で頭が痛くなり急きょ山口県のホテルに泊まりました…。
そのあとにそこのホテルのトイレで自分の浴衣にウ〇コ(かなりの)をつけてしまう事件をおこしてしまいました…(涙)
自分は浴衣を洗いながらこれは穢れのタタリだと信じ猪目洞窟を畏れるようになりました。

そして去年に思いがけず二回目の猪目洞窟に行くきっかけが出来ました。
自分はずっとウ〇コのタタリの真実を確かめたかったので勇気を振り絞って再度行くことにしました。

結果は…福岡に帰る途中にだんだん意識がもうろうとしたり悪寒がしたりしてひどい目にあいました(涙)
さらにそれから三ヶ月間その風邪をこじらせ毎日ふらふらしながら本当にひどい目にあいました(涙)(涙)
これはヤバいと穢れの力にビビって病院で精密検査もしました(;_;)
まぁ大丈夫でしたが。

結局、猪目洞窟は回を重ねる度に状況が酷くなるのでもう行きたくありません。
…まぁでも変わり者なので分かりませんがf(^^;
猪目洞窟の話は以上です(^o^)


ところで茨城の珍スポットは牛久大仏か龍神峡あたりでどうでしょうか(^o^)?
龍神峡は意味のない長い吊り橋+シーズンにあえば日本一高いバンジージャンプが楽しめるみたいですよ!

それではまた何か思い出したらコメントします\(^o^)/








| ひさっぴ | 2014/04/23 06:49 | URL |

うろ覚えで携帯から書き込んでいたのですいません
話題は男性のシンボルです。田舎道のお堂とかにお地蔵さんのようにあります。
道の駅象潟というところでもありました。海の見える温泉で有名です。
岩手八幡平の方はふけの湯というところです
ワイルドすぎる露天風呂ではなくて旅館の中です
入った瞬間に度肝を抜かれます
女性と一緒だと少し気まずい空気になりますね

| kmiyak | 2014/04/23 08:21 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

初めましてkeisuというものです。

普段めったに見れないような珍しいスポットばかりを見ることができてよい経験になりました。
なにより驚いたのは日本にこんなに多くの男根文化?があったことでした。

私、サイト名でしりとりをやるという企画を今やっておりまして、
こちらのサイトの紹介、リンク、TOPページの画像を使用させていただきました。

事後報告となりましたが、何か問題あれば連絡お願いします。
すぐに対応いたします。

| keisu | 2014/04/23 19:35 | URL |

初めまして。
昨日からこちらのブログを見つけて拝見させてもらっています。
心から楽しんでいるのが文書と写真から感じられて
見ているこちらも気持ちいいです。

珍寺大道場は以前から好きで更新を楽しみに待っているのですが、ミイラ珍スポ訪問録も更新が待ち遠しくなりました。

| daigo | 2014/04/23 23:23 | URL |

kmiyak様

その前にいただいてたコメントが迷惑コメントとして処理されていたみたいで気づかず、こちらこそすいませんでした。FC2によって男根関連ワードが規制されていたようです…こんなブログなのに…(笑)
色々な情報ありがとうございます!鬼怒川にも旅館の中に男根が祀ってあるところがあるそうですが、岩手にもあるんですね。そちら方面に行く際はチェックしてみます!

| 深沢かまきり | 2014/04/24 00:41 | URL |

keisu様

ご訪問ありがとうございます。
このようなけったいなブログを紹介してくださったとのこと、ありがとうございます。
日本には誇るべき男根崇拝文化が根付いていますよ^^

| 深沢かまきり | 2014/04/24 00:44 | URL |

daigo様

初めまして、ご訪問ありがとうございます。
そう言っていただけて非常に嬉しい限りです!
わたしも見ての通り珍寺大道場の大ファンですので、名前を並べていただけて恐縮でございます…。
更新が遅いブログですが、ぜひまたお越しくださいませ。

| 深沢かまきり | 2014/04/24 00:46 | URL |

そうです、何度も書き込みながらバカバカしいなあと思いながら・・
まあ、良いのですが
民俗学が好きなのですね
東北には大昔の習俗や感性が残っていて、お盆にはゾロアスターと思う焚き火の火送りが山奥の民家で行われています
その意味は住人は分かっていないでしょうが
原型の意味そのままだと感じます
また、神様は柱ですが、柱=男根というイメージがダイレクトに残っているようでお堂に祀られています
現代では心は顔、脳、心臓にあると感じて彫像をみますが
古代では心は股間にあるに決まってるじゃん!という古代人の感性が感じられます
(現代でも下心いっぱいの男性の心は確かにそうかもしれませんが)
尊い神様を祀ろうと考えると、まず頭に登るのが、心が宿る男根になってしまうのは当然な感覚がします
いきり立つ男根を柱と読んでいた文化が初めにあって
御柱と読んだり、真柱を神社に立てたりしていったのだろうと理解しています
卒業してから10年くらい東北に移り住んでいますが
古い感性が感じられて、歴史好きとしては地味だけど楽しい場所が多いです

| kmiyak | 2014/04/24 07:32 | URL | ≫ EDIT

ひさっぴ様

猪目洞窟、聞けば聞くほど恐ろしい場所ですね。興味本位で行ってはいけないということがよくわかりました…。

実は先日牛久大仏に行ってきましたよ!^^一流観光地なのに随所にあふれる珍スポ感がたまりませんでした。
バンジーですか…それはちょっとご遠慮したいと思います(笑)

| 深沢かまきり | 2014/04/24 21:54 | URL |

kmiyak様

民俗学ってすごく楽しいですよね^O^
わたしの専門は神話学なんですけれども、正直神話学より民俗学のほうがずっと好きです(笑)

東北に住んでらっしゃるんですね。
実はわたしは青森以北へ行ったことがなく、宮城・山形も高校生の頃に行ったきりなのでぜひとも訪れたいと思っている地域の一つです。
もしオススメの東北スポット情報などございましたらぜひ教えてくださいませ^O^

| 深沢かまきり | 2014/04/25 00:23 | URL |

東北は楽しいですよ

仙台在住ですが、一人で車でかなり遠出をします
男鹿半島はなまはげ押しが良いです

亀ケ岡遺跡の近くの巨大土偶のデザインの木造駅
司馬遼太郎先生もドン引きだったそうです

岩手は民俗学の聖地ですね。遠野物語を読んでいくと楽しめますが、限りなく地味です

そして一番期待を裏切らないのが恐山です
やりすぎなくらい演出過剰で胡散臭さ満点ですが
歴史があるので馴染んでいます
これくらいやらないとイタコにリアリティーは感じないですね
カラフルな池があって、地の果てに来たぜという気分で大満足でした

いつか、東北のレポートを楽しみにしています

| kmiyak | 2014/04/25 01:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mummymummy.blog.fc2.com/tb.php/79-f9ae7489

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。