PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

地域:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【タイ】楽しすぎて最早ここは天国か!? ワットプートウドン

地域:タイ
ジャンル:神社仏閣地獄

地獄寺その二はパトゥムターニー県のワットプートウドン!
楽しすぎたので初の動画付きだよ!

IMG_22022.jpg
楽しいけどここは地獄です。

ホテル前で捕まえたタクシーの運転手に「ワットプートウドンまでよろしく」と伝えると、「ワットプートウドン!?なんかの間違いだろ??」と何度も何度も訊かれた挙げ句、どこかの誰かと電話させられて「行き先はワットプートウドンです」と言わされる念の入れようであった。まあ地獄寺に行く若い女なんてそんなにいないんだろうな・・・同じホテルの同世代くらいの女の子達は、バンコク中心地のおしゃれなショッピングモールMBKに行くって言ってたよ^^^



バンコクから1時間程度でワットプートウドンに到着!


DSC_0127.jpg

ベロの長いヤツがお出迎えしてくれました。




珍寺大道場の記事でこの地獄はコインを投入すると動くという情報を入手していたので、運転手のおっちゃんに頼んでお金を小銭に両替して貰った。ただし、半分くらいは壊れていて動かないので注意。




そしていざ、地獄の中へ!!この口の中に入るよ~~

IMG_2170.jpg



まず現れたのは宙づりの女性達(全裸)

DSC_0129.jpg


股間を隠しているのがなんともシュールでたまらない。





DSC00649.jpg

ずっと会いたかった自転車に乗っているポップな骸骨。でもなんか珍寺大道場の記事に載っていた骸骨とは別人のようなので、地獄寺も少しづつマイナーチェンジしているようだ。





5バーツ入れると自転車を漕いで(?)くれた!友人の骸骨に対するツッコミがうるさい(笑)




股間隠し隊と骸骨君を通り過ぎると、血みどろな地獄パーティーが始まるよ~~~!!


DSC00654.jpg

HERE YOU ARE IN THE HELL!!!




地獄と言えば欠かせないのが亡者の煮込み鍋だね。

DSC00656.jpg

フラッシュを焚いて撮った写真だと最早ポップすぎるくらい鮮やかな光景に見えるけど、



DSC_0140.jpg

実際はこんな感じでかなり暗い。まさに地獄じゃ。






内臓を食らう鳥。これはかなり怖い。そしてなかなか終わらない。




早々に仏も現れたんだけど、すっとぼけた表情しやがって亡者を救済しようという気概などは一切感じられない。あらぬ方を見ている。

DSC00651.jpg





DSC00667.jpg

お馴染みのやらざるを得ないやつ。




DSC00670.jpg

手がでかすぎる件。
平手打ちしたら地獄の番人達もひとたまりないのでは?



DSC_0143.jpg

いかにも顎関節が動きそうな謎の動物がいたので、5バーツを投入!!




グァーーギコーーーーといううるっっっっっせーーー機械音と共に、15度くらいガコガコと顎関節のみが動く。



・・・ショボい!

そして無駄に長い!!



ひたすら顎が動くだけなので、最後の方はもうやめろ!ってなったわ。




それにしても壮大すぎる世界観だ。

IMG_2188.jpg


人物がかなりテキトーな作りなのに比べて、大道具の完成度はかなり高い。

DSC00699.jpg




と、こんなおどろおどろしい地獄絵図が広がる中に


DSC00677.jpg


突然のサラリーマン。

微笑みが優しいね。



と思っていたら顔面蒼白の半分骨状態になってしまった。

DSC00679.jpg

お前らもいつか骨になるんだぞ、ということだろうか。笑顔が消えていて悲しい。





DSC00684.jpg

真っ赤っかで地獄っぽさが出てますね~~。
壁画の右にいるのはワットサンスークにもいた腹顔面人間かしら?彼はどういう立ち位置なんだろう・・・。




DSC00690.jpg

生まれてこの方見たことないくらい気色悪い絵だな。




DSC00695.jpg

そしてこの亀人間の気持ち悪さったら!!!



DSC00696.jpg

隣の人(?)との距離感、全然掴めてないよコイツ!!




こんな感じで心ゆくまで地獄を堪能してやっと屋外へ。



といってもまだまだ終わらないよ~~!!




IMG_2208.jpg

こんなヤツや




IMG_2211.jpg

こんなヤツと仲良く写真を撮った後、



DSC00713.jpg

こんな一団に遭遇。



見逃しがちだが、この右下の彼


DSC00712.jpg



アンタ絶対ここの家の子じゃないね!?!?


神々しさすら感じる微笑みと、その堂々たる一糸纏わぬ姿・・・
もしやこの方は生まれたてのブッダなのでは!?ブッダが七三分けだったって記憶はないけど!!





楽しい人たちを通り過ぎると、本堂っぽい建物があるのに気づいた。


IMG_2220.jpg


ちょっと覗いてみると、坊さんらしき人が「ここも見ていけ」と言うので中へ。


DSC_0145.jpg

中にはご本尊らしき仏像があり、横にはちょっとビックリするくらい急な角度の階段があった。




ヒイヒイ言いながらほぼハシゴ状態の階段を6階くらいまで必死に上ると、本堂のてっぺんへ!


DSC00716.jpg

窓から外の景色が眺めて気持ちよかった~~。地獄の後は天国ですね。


しかし床が尋常じゃなく汚かったので行く方は覚悟されよ(笑)。あんな汚い床なら土足で上がらせてくれよ!





天国を味わった後下界へ降りると、托鉢中の僧侶達が。

IMG_2227.jpg
オレンジ色の袈裟を着ているのがロボット僧侶たち。


近づくと回り出した!!!!


※撮影者の声がでかいので音量を下げていただくことを推奨します(笑)



僧侶がやってくる限り賽銭を入れ続けろってことか!?!?まさに坊主丸儲け!



動画を観たらお判りになると思いますが、これ尋常じゃなく楽しい。

あまりに楽しすぎたので、思わず大盤振る舞いしてしまって財布はスッカラカンになってしまいました。



ロボット托鉢で大爆笑していたら、タクシーの運転手が「もうさすがに帰るぞ!」と呼びに来たので後ろ髪を引かれながら帰路へ。余裕でもっといられたのに~。



いや~本当に感動するほど楽しかった!!
いつもニコニコと優しいタイ人達の心の暗黒面が覗けて、大満足大満足。
今後これ以上楽しい場所に出会えるのか不安なほどです。ワットプートウドンありがとう!




(2013年11月)



[Wat Phut Udom (วัดพืชอุดม)]
珍度:100%
オススメ度:100%




スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
・FaceBookでシェア

| タイ | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mummymummy.blog.fc2.com/tb.php/76-b1e85c51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。