PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

地域:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【静岡】下半身は大切に! トイレの神様・うすさま明王堂

地域:静岡
ジャンル:神社仏閣歴史男根コラム

トイレには~~それは~それは綺麗な~~女神様が~いるんやで~~~♪




この曲が流行ってから早数年。




伊豆極楽苑からほど近い場所にこのトイレの神様がいると聞き、余った時間で参拝してきました!


長々とお送りしてきました「伊豆珍スポット巡り2012」最後の地は、明徳寺の『うすさま明王堂』でございます。



IMAG0104.jpg



入り口のところに「東司の護神」の文字が。



「東司(とうす)」は禅宗における「トイレ」。



そう、この「うすさま明王」こそがトイレの神様なのです!





どんな女神様なのか、そのご尊顔を拝みたい・・・。


ここ明徳寺ではうすさま明王(烏枢沙摩明王)を仏像や仏画では表していなかったので、ウィキペディアから画像をお借りしてくることに。


毎日トイレを磨くと綺麗になれるというほど美しい女神様とは一体どんなお姿なのでしょう?






トイレ~には~~



それは~



それは綺麗な~~





576px-Hozanji_ususama_zou.jpg
@wikipedia






めがみ、さま??????






ごめんなさい、人違いでした。





綺麗かどうかはきっと見る人の感性なので置いておくとして、とりあえず女神様ではなさそうですね。


同じトイレの神様でも、大流行した歌の人はうすさまさんではなかった模様。失礼いたしました。

日本には宗教入り乱れてたくさん神様がいますから、こういう人違いも起こりえますな。


ちなみに、「寺なのになぜ神様なの?」と思うかも知れませんが、インドに元々いた土着の神様があとから出来た仏教に取り込まれたからです。
名前に「~天」「~明王」とついている仏教の神様は元々インドの神様だった人たちでっせ。






さてさて、このうすさま明王がなんで珍スポかというと、入り口にさっそくこんな岩が。



IMAG0103.jpg



男根である。




トイレの神様はつまり下半身の神様、「シモの病気になりませんように」と拝まれる対象だったんだって。



そもそも、このうすさま明王は元々インドの火の神様でした。

そして「火は不浄なものを焼いてくれる!」という信仰から、不浄な場所代表・トイレの神様に昇格。

更に「トイレの神様は下半身を守ってくれる!」という信仰から、下半身の神様に昇格。





うすさまさんの職歴 : 火の神様 → トイレの神様 → 下半身の神様






・・・・・・これは昇格ですかね??????






どうもどんどん位が下がっているような気がしてならないが(罰当たり)、現在では妊娠・出産の手助けもしてくれるオールラウンドな神様なのだ。




そして先ほどここのうすさまさんは仏像や仏画ではないと言ったが、そのご本尊がコチラ。



IMAG01001.jpg



今再びの男根である。




そしてその手前には古めかしい雪隠が。

さすがトイレの神様、本尊の前にトイレがあるとは珍しい。




んで、このご本尊の横には「おさすり おまたぎ」の文字があり、とにかく触って跨げと指示されていた。



さするとその箇所の病が治ることで有名な仏像・びんずる様などの例がある「おさすり」はまあ解るとして、「おまたぎ」とは・・・?????





困惑しつつ、とりあえずまたがらせていただいた。



IMAG0100.jpg






のだが。



のちに、これは過ちだったと判明。







帰宅後、ここを訪れた他のブロガーさんの記事を見ていたところ、




なんということでしょう、みなさん本尊前のトイレをまたいでいるではありませんか。







本来またぐべきはこの



IMAG0101.jpg




トイレ部分であった。





やべーよ・・・・・・我々なに跨いじゃってんの・・・・・・。





トイレが写り込んでいる写真がこれしかなかったところからも、ないがしろにしてる感バクハツ。


暗くて説明とかが良く見えなかったのか、な?
そういうことで、許していただけないか、な・・・?



うすさまさん怒ったら怖そうだし、シモの病気に襲われるのではないかと戦々恐々としています。

それだけはどうかご勘弁を・・・。まだ一応20代女子ですから・・・・・・。





とにもかくにも、申し訳ありませんでした。





皆様、もしわたしがハルンケアとか飲み始めてもそっとしておいてください。






(訪問日:2012年11月)





[明徳寺(うすさま明王堂)]

珍度:60%
オススメ度:50%

住所:静岡県伊豆市市山234-1
拝観料無料
駐車場あり



大きな地図で見る










スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
・FaceBookでシェア

| 静岡 | 19:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

福島の三春のデコ屋敷(デコは人形のことで、人形工房みたいな意味)に行った時。
まぁ工房っていっても、田舎の民家なんです。そこで、お爺ちゃんお婆ちゃんが、張子の人形を作っていて。
その様子を見ていて、たまたま玄関(だったか?)に出ちゃった時。
確か高さ50センチくらいだったか?立派な金精さま(いわゆる男根ですね)が鎮座ましましておられて。

金精信仰って話には聞いてましたけど、そのあまりにリアルというか、あからさまなお姿というか、はたまたあまりの立派さというか(笑)
ホント、びっくりでした。

でも、こちらのご本尊さまほど大きくなかったなぁ~(笑)

| 百物語ガール | 2013/05/12 19:15 | URL |

Re: タイトルなし

デコ屋敷、知らなかったので調べてしまいました!が、残念ながらさすがに男根情報は載ってなかったですねぇ・・・(当たり前だ)。工房の守り神が男根だなんて、なんと面白い!!!男根崇拝系の神社仏閣は有名なものも多いのでよく行くのですが、そういう個人的な信仰になるとなかなか情報を得られないのでとても興味をそそられます。デコ屋敷自体も面白そうだし非常に行ってみたい!近いうちに訪問してたまたま玄関に出てみようと思います笑

| 深沢かまきり | 2013/05/15 11:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mummymummy.blog.fc2.com/tb.php/25-8b159b12

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。