PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

地域:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【岐阜】ノーモア関ヶ原合戦! 関ヶ原ウォーランド

地域:岐阜
ジャンル:歴史浅野祥雲

今回は一つ前の記事でご紹介した「五色園」に引き続き、大量の浅野祥雲作品が楽しめる祥雲聖地のひとつ「関ヶ原ウォーランド」をご紹介します。

IMG_1532.jpg


ここはかの有名な関ヶ原の合戦をテーマにしているだけあって浅野祥雲作品群の中でも一番メジャーだと思うのだが、実際のところどうなんだろうか?



ちなみにわたしが訪問したときはちょうど団体旅行のおばさま方と入れ違いになったので、意外と多くの人が祥雲ワールドを観ているのかも知れない。ただおばさま方がこれをどう思ったのかは判らないが・・・。





IMG_1531(2).jpg



いざ出陣なり!!!!!!




ご覧の通り訪問した日は見事に雪が積もっていて、雰囲気出てるーーー!!と思ったんだけど、別に関ヶ原合戦の日って雪降ってたわけじゃないわよね。ていうか、秋だし。
それであぁ、雪が降ってたのは赤穂浪士だ!!と得心したけど、討ち入りの日も史実では別に雪降ってねーんだよなぁ。でもなんか勝手に闘い×雪は雰囲気あると思っちゃうのは後世の人間の勝手な妄想でしょうか??



ちなみにここの楽しみ方は五色園と同じだと勝手に思っております。



IMG_2197.jpg


家康公の家臣になるも良し




IMG_2191.jpg



武将と追いかけっこするも良し



IMG_1535.jpg



足軽鉄砲隊に混ざるも良し


五色園訪問から約1年半後の姿なのであるが、人間とはこうも成長しないものかというのを思い知らされますな。





桃太郎神社・五色園と比較するとテーマがテーマであるだけに奇抜さというのはそこまで感じず、一番一般的なのかなあとも思う。

資料館もあり、あくまで関ヶ原合戦を学べる知的施設だし、やはり祥雲作品の珍スポはポップ且つ健康的で誰と行っても安心して楽しめる場所だよね!(そうだよね?ね?)




ちなみに、我がサイトの旧トップにもいた謎の赤い仏もここウォーランドにあったもの。


IMG_2194.jpg



珍寺界の権威・珍寺大道場の小嶋独観さんによれば、このポップすぎるカラーはどうやら後世塗り直されたものらしい(元々は赤一色だった)。

浅野祥雲作品に関しては野外設置が多いため、頻繁に塗り替えなどが行われているようだ。
特に近年は「浅野祥雲作品再生プロジェクト」というプロジェクトが先頭に立って次々と浅野祥雲作品の補修に取りかかっているということで、新しく色を塗ることについては多少批判がないわけではないようだが・・・


正直、わたしはそんなに作品保護の観点には興味はないのであった (´_ゝ`)




と言うのも、浅野祥雲作品のすばらしさは理解してはいるもののあくまで「ワーーー珍だあ珍スポだあーーーー」という楽しみ方しか今までしていないので、そんな高尚な議論に参加することなどおこがましいのである。



「へーもともと光背も赤だったのに黄色に塗ったんだ~~~派手になっていいじゃーん」くらいの軽い気持ちであった。





では、あるが、



去年行われたという桃太郎神社の修復作業にわたしは泣いた。





覚えておいでだろうか?以前紹介した桃太郎神社のメインとも言うべき桃太郎像である。


SH3D0178.jpg




この桃太郎像が再生プロジェクトによって、実に美しく生まれ変わったのだ。





この彼が、

こうなった。



P1070891.jpg



お判りになるだろうか??


すっかりその顔つきが少年らしく穏やかなものになっていることに・・・。




もちろんわたしは知らない。制作当初の祥雲像がどんな姿であったか知らない。制作当初の像の姿に戻ったのであれば、喜ばしいことではないか。きっと祥雲先生も天国で喜ばれていることであろう。





だがしかし、



可愛すぎるよ、桃太郎・・・・・・(涙)





あの焦点の定まらない目、桃から生まれたと主張して止まない桃色の肌、若々しさのない表情・・・・・・彼にはもう会えないのか・・・・・・。




SH3D0177のコピー



昔の彼の写真を見ても、切なさだけが残る。






動物たちもまた然りである。

他の犬や鳥、猿といった動物たちもすっかり綺麗に塗り直されているのであった。



特に衝撃を受けたのが、2010年当時こんなにギラギラとした眼を持っていたこの犬が

SH3D0176.jpg



修復され、なんと



P1070888.jpg




まるでチワワのようなキラキラした目を持つ可愛らしいワンちゃんに!!!!



もうそこには鬼を退治しようという野心などは一切伺うことは出来ないのであった・・・!







SH3D0172.jpg

更に、今にも鬼を惨殺しそうな狂気に満ちた目をしていたこの猿も




P1070877.jpg


目の奥に知性が輝く軍師のような表情に・・・!!!


この猿なら、無鉄砲に鬼ヶ島へ乗り込むなどと言うことはしないだろう。

鬼ヶ島という孤島を逆手にとって、兵糧攻めなどの手段を用いるに違いない。





私には見える。

猿「あ、あんた誰や?」
犬「え?犬やがな。昔からずっとここにおるがな。そういうあんたこそ誰や?」
猿「おいおいワシを知らんのんかいな。祥雲先生が作った猿やがな」

という会話が繰り広げられている光景が・・・。(メルヘン)




ご覧のようにすっかり瞳に輝きを取り戻した犬や猿。
桃太郎神社は祥雲先生没後数十年を経て本来の姿に戻ったようであります。



この修復作業はバカルトブログを運営していらっしゃる大竹敏之さんが先頭に立って行われているもので、その声掛けに答えて全国から一堂に会した珍スポ好き・浅野祥雲マニアによって大切に塗り直されたという祥雲作品たち。
特に主催者の大竹さんは浅野祥雲研究家ということで、祥雲作品への熱意がはんぱじゃないんですわなァ。

この企画は祥雲フリークの愛の結晶と呼べるでしょう。



それに引き替え、オンボロ状態を見てへらへらしているわたしって・・・・・・。

皆さんの珍スポへの愛の深さに感動しつつ、自分のくそさに嘆くよ。



そもそも仏像の色あせなんかを観てワビだサビだと言うのは現代人の勝手な妄想ですからね。大学時代に教授とそれで議論になったことがありましたわ。当時の人間が見ていた姿を再現するのが正解か、時の流れで変わっていったものをそのまま感じるのが正解か・・・・・・難しい問題ではありますねえ。







とか、色々書いたけど結局わたしはこっちのほうが好き!!!!!!!!!!
だっておもしろいんだもん!!!!!!(カス)




SH3D01752.jpg




あ、脱線しまくったけど、関ヶ原ウォーランドもおすすめ珍スポットですよ!

行くなら冬はやめましょう!





(訪問日:2012年2月)






[関ヶ原ウォーランド]

珍度:70%
おすすめ度:80%


公式サイト


開館時間:10:00~16:00 ※12/1~3/31の平日のみ 10:00~15:00
住所:岐阜県不破郡関ケ原町1701-6
電話:0584-43-0302
入場料:350円
駐車場:無料



大きな地図で見る


スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
・FaceBookでシェア

| 岐阜 | 17:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

馬に乗った写真と家臣になった写真の、あまりの違和感なさにビックリするやら、感心するやらです。
特に馬に乗った写真は、思わずふいてしまったとはいえ、ホント絵になってるっていうか…(!?)

とはいえ、今回一番ビックリしたのは、桃太郎と一緒に写られているお友達の女性でしたね。ちょっと意外なくらい普通にお綺麗な方って感じなんで。

いやホント。
このブログは奥が深いです…(しみじみ)

| 百物語ガール | 2013/05/20 00:37 | URL |

Re: タイトルなし

一緒にいる友達はこのブログではしょっちゅう登場している金子さんです笑 わたしの数少ない友人のひとりでございます。他の記事にもいるので探してみてくださいww

| 深沢かまきり | 2013/05/20 20:16 | URL |

ブログ、楽しく拝見しております。
祥雲作品の修復活動を主宰している大竹敏之と申します。
私自身、長い間、祥雲作品を面白おかしいものとしてとらえていたので、深沢さんの感じ方もごく自然なものとしてよく分かります。
そういう時期を経た上で始めた修復活動は、多くの人にB級スポットといわれているものに対してちょっと考えるきっかけになればという思いもあって行っています。
秋にはまた桃太郎神社で活動を行う予定ですので、ご都合が合いましたら遊びに来てください。お待ちしております。

| 大竹敏之 | 2013/07/02 00:04 | URL |

Re: タイトルなし

ご訪問ありがとうございます。
まさか大竹さんが当ブログにいらっしゃるとは思わず、本当に驚きました・・・と、ともに好き勝手なことを書いていて申し訳ありません。
桃太郎神社の修復作業、また行われるんですね。思わず手を滑らせて変なペイントしてしまう恐れもありますが、都合が合えば伺いたいです^o^ また熱海城の記事でも書いたのですが、あそこの祥雲像の修復も待ち望んでいます。これからも一層の祥雲啓蒙活動に期待しています!
(記事の加筆修正に伴いコメントも更新しました)

| 深沢かまきり | 2014/09/20 12:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mummymummy.blog.fc2.com/tb.php/16-512c9754

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。